« | メイン | インビットもう少し »

2011年11月22日 (火)

マイクラ ポケットエディション Minecraft PE

Photo_2
1_2
↑iPad2の画面
←iPhone3GSの画面
一応レイアウトが少し違います。

パソコン版やってるのに、ダウンロードしてしまいました。

私にとっては、特にやる意味も無いだろうと思いながらもappstoreから購入してしまいました。

状況としてはファングッズの衝動買いというところでしょうか?

実際にやってみると、結構ちゃんと動くんですが、内容としてはクラシック版なので、モンスターもいないですし、アイテム作成もない。

時間の概念が今のところないっぽい?昼夜が無いのもそうですが、土ブロックに下草ははえるんだろうか?

写真で見ての通り、フィールドに端があり、無限に広がるわけではない。

洞窟もないようだ。

そう思うと、私がMinecraftを楽しんでいる要素はサバイバルモードでプレイすることに大きなウエイトがあるように思う。

モンスターが存在し襲われること。高いところから飛び降りたら死んでしまうこと。飯を食わないと死んでまうこと。

レアな素材を自らの手で掘り出すことの悦び。

それはモンスターにビビりながら洞窟やネザーを進む恐怖と隣り合わせにあるからこその達成感。

ダイヤは希少だからこそありがたみがあるってもんだ。

レアなものはレアだからこその価値がある。

いくらでも素材が手に入るチートツールも存在しているがゲームを有利にするというのは理解しかねる。

それではあっという間に飽きる。せっかく買ったゲームをすぐに飽きてしまうのでは勿体無い。

マインクラフトから素材集め要素を取り払ったらゲームの楽しさ7割を捨てているようなものじゃないだろうか。

造形だけで十二分に楽しめる想像力を持っているなら別だろうが。


そんな訳で、あんまりマインクラフトポケットエディションは遊ばないとは思いますが、ノッチさんに敬意を評して寄付的な600円でしたw


さて、写真はマインクラフトPEでのマルチプレイです。

Mr.Minecraftさんが目の前にもいます。お互いの視点でのSSでした。

ポケットエディションはWi-Fiマルチに対応しており、GAMEMENUで「Server is Visible」に設定しておくと、誰でもその世界に入れます。

あとから入る側はメインメニューから Join Game を選択し、ServerになっているIPアドレスを選択するだけです。

ちなみに、iPhoneやiPadがスリープモードに入ると、リンクが切断されるようなので、気をつけましょう。

とりあえず、ServerになっているiPhoneなどが、切断してしまうと大変なのですが、Serverになっている方が「親」とするなら、接続している方を「子」とすると、親が切断しても、子のiPhone単体でそのままプレイは続行されます。
その後、親がスリープなどから復帰し、Serverをリスタートしても自動ではつながりません。
子のワールドを親が取り出すことはできないので、同期ができません。

なので、親がスリープなどで接続が切れてしまった場合は子が手動で自分のiPhoneなどに世界を保存して、子が親になるという手法を取るといいかもしれません。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/459981/27486083

マイクラ ポケットエディション Minecraft PEを参照しているブログ:

コメント

さすがにもうやってナイス。ごめんよぅ

一緒にやりませんか?

コメントを投稿

最近の写真

  • Photo
  • Img_0823
  • Img_0827
  • Img_0826
  • Img_0825
  • Img_1738
  • Img_0817
  • Photo
  • Img_0790
  • Img_0788
  • Img_0795
  • Img_0794